「我は大地の子なり、
されど我が種族は星降る空より来たれり」

小説 「ARS MAGIKA」


 アメリカを舞台に、Magic(魔術)とAlchemy(錬金術、アルケミー)をテーマにした現代ファンタジー小説です。
 メインキャラクターは、大学生のセレスティンと四人の魔術・錬金術師。経験的な魔術とアルケミー(精神的錬金術)の知識と、「時を超えて人を愛する」ことをテーマに織り込んだ長編です。
 ストーリーは完成していますが、ディテールを埋めながら書き進めているので、更新ペースは月に2、3回くらい。長期の旅行などが入ると、少し間が空くこともあります。
 自作のイラストは作業途中ですが、格好のついたものからとりあえず入れて、完成したものからまた差し替えていきます。 (「Art Work (in preparation)」とキャプションのついているところにも追々入ります。)
 長い物語ですが、仕事や旅行でペースが落ちることがあっても、必ず完結まで書き通します。
 気長におつきあいください。




目 次

I 海の声

1. カウアイの海  2. 出会い  
3. 先触れの雨  4. 鳥と真珠  
5. 手は風をつかまえ  
6. 風は空を思い出す  7. 想いは深く  
8. 追跡  9. 星降る空  
10. 過去は追いつき  
11. 射手は獲物を見据え  
12. 手は扉にかかる  13. 幕は引かれ  
14. ガラスが割れる  
15. The Fool: The Hermit  
16. 娘は虎に歩み寄る  
17. 布置[コンステレーション]  
18. 闇色の瞳

II 錬金術師の庭

1. 花と小鳥  2. 風は  3. 舞い降り  
4. 地は動かず  5. 種子は蒔かれ  
6. The Empress I  
7. The Empress II  
8. 風は遊び

9. 庭 I  10. 庭 II  11. 気配 I
12. 庭 III  13. 気配 II  14. 庭 IV
15. 迷い  16. 聖堂
 (続く)

 

STUDIO(作業場)


ARIEL KAI プロフィール
好きな小説家  ヘルマン・ヘッセ、オーソン・スコット・カード、ロジャー・ゼラズニイ、シオドア・スタージョン、A・E・ヴァン・ヴォークト、アーサー・ C・クラーク、エドワード・E・スミス。
人生の半分近くをアメリカで過ごし、ハワイには5年間住んだ。
Twitter(更新情報): Ariel_Kai